Performance

現在地
  1. TOP
  2. Performance
  3. 支援実績10:製造業:全社経営支援

経営/開発/製造/生産/物流/アフターサービス/IT/人材育成等、様々な分野でのエキスパートがチームを組んで課題解決に当たり、圧倒的な財務成果を創出

■製造業におけるGEMINI Strategy Groupの支援/ソリューション提供範囲(実践および効果創出実績のある領域)

トランスファーセンターの自動車業界への導入:複合加工システムの従来の工作機械に対する優位性

上記に加え以下の利点も有する:

  • 作業者のノウハウによる生産性・品質の差異が出ない – システムの中にノウハウが凝縮されている
  • 市場導入当初は Flexibility より生産性・安定精度の利点に対する評価が遥かに大きい

一般的な工作機械との構造的相違点(マルチスピンドルトランスファーセンター)

■メインフレーム及びユニットにコンクリート素材を使用(欧州では一般的工作機械にも多用されている)

  • ドイツ・スイスにおける代表的な高精度工作機械のメインフレームには、振動吸収に優れたMineral Cast / Polymer Concrete / Hydropole等のコンクリート及び鉄筋・特殊樹脂などを配合した特殊素材が使用されている。特に高い加工精度・仕上がり面精度を要求するプロセス加工機には多数使用されている。振動を最小にすることにより切削工具・砥石などの寿命にも大きな効果をもたらすことが実証されている
  • 高精度マシニングセンター・高速ミーリング加工機・複合加工機にも広く活用されているが、日本の工作機械では導入事例が極めて少ない。ANGER社TCのメインフレームもFramag社のHydropoleが全面的に採用されている。 RAMPFグループ / STUDER / FRAMAG
  • 導入している代表的な工作機械メーカー STUDER / Maegle / BLOM / INDEX / Heamle / G & F / ANGER / Krause & Mauser / Chiron / SW

■スピンドルを固定し、ワークを動かす(トランスファーセンター最大の特徴)

  • 基本的な思想の違いとして、回転モーメントの大きな、スピンドルを動かすと言う考えが無い
  • 剛性が高く、温度変異の少ないコンクリート製のフレームにスピンドルを固定する事により、工具への静的精度を保証。ワークは遠心力が無いため、動的精度が出し易くコントロールし易い事から、Transfer Centerではこの思想がどのマシンにも活用されている

一般的な工作機械との構造的相違点(ロータリートランスファーセンター)

■最大6軸の機械システムを円形に配列し、ワークを動かす(トランスファーセンター最大の特徴)

  • 段取り替えを次ステージにという割り切った考えのもと、加工領域/加工時間毎に分割された加工サイクルによって高効率な加工を行い、多種多量生産にも対応する
  • 剛性が高く、温度変異の少ないコンクリート製のフレームに各軸を配置する事により、工具への動的的精度を保証。1ステージ当たりの加工負荷が小さいため、動的精度が出し易くコントロールし易い事から、Rotary Transfer Centerではこの思想がどのマシンにも活用されている

日本の工作機械メーカーは3次元の活用で欧州に遅れをとっている:欧州では、自動車業界と同じように3次元データを駆使したシステム各部位の検証と最適化シミュレーションが当たり前

■デジタルモックアップによる静的・動的干渉チェック、強度・合成・振動解析、更に加重負荷での加工プロセスまでも保証

欧州はIndustry4.0に即したIoT機能も日本より進んでいる ~予知保全・予防保全~

■日本ではIoTを駆使して加工不良の未然防止に取り組んでいるが、欧州では加工機自身が様々なセンサーを搭載 し、自己診断と製品形状測定までCPK管理、不良品防止メンテナンスアラームを発する。欧州のIoTは、新たな製品をメーカーとネットワーク上で検証し、瞬時に生産立ち上げすべく取り組んでいる

欧州の工作機械メーカーは先端技術集団とのコラボレーションを推進(ANGER社の事例)

TCOに基づく設備投資意思決定 設備導入初期コストだけでなく、設備を使い切るまでの期間内総保有コストによる考え方

Performance 一覧へ戻る