News

現在地
  1. TOP
  2. News

【メディア】ECのミカタに弊社代表取締役CEO山田政弘への取材内容が掲載されました

2018年06月21日

ECのミカタ株式会社が運営するEC運営事業者向けのWebメディア「ECのミカタ」に弊社代表取締役CEO山田 政弘への取材記事が掲載されました。

本取材では、物流領域で協業する株式会社オーティーエスの小橋氏と共に、主にファッション企業における物流に関する経営課題、処方箋についての提言という形で述べております。

ECのミカタ掲載ページはこちら

【新規パートナー就任】プロ経営者として国内トップクラスの実績、キャリアを誇る篠塚 健一が弊社パートナーに就任いたしました

2018年05月07日

本日、弊社のパートナーに篠塚 健一(しのづか けんいち)が就任いたしました。

篠塚は味の素に入社し、世界初のカップスープ(クノール)の研究・開発・販売を推進した後、ヘレンカーチスジャパンにて、シャンプー・リンスのマーケティング戦略を再構築、マスターフーズリミテッドにて日本初導入のペットフードのマーケティング戦略立案、大手量販店導入を手がけた後、国内大手独立系PEファンドのアドバンテッジパートナーズにて投資先企業のマネジメントを歴任。

マルシンフーズでは、パスタ事業・経営企画部本部長(IPO担当兼務)として、日本初の新規事業、具入り生・冷凍パスタ・ソース・ティラミス事業を日本製粉と共同開発する等2年で30億円の売上創出。W・ディズニーでは、マーケティング・コンシューマー書籍・TDLライセンス副部長として、最適なライセンス・マトリックスの構築、ターゲット企業との著作権交渉を経て年間ロイヤルティ売上を1億円から30億円へと拡大。
イノアックコーポレーションでは、執行役員 マーケティング・コンシューマー事業室長として、大ヒット商品「激落ちくん」の共同販売等、新規事業売上を創出。ジュピターSHOPチャネルでは、執行役員 販売放送制作技術・Web通販マーケティング/PM本部長として、日本初のプロモーション手法を確立。日本海水では、取締役CMO/傘下工場社長として、全社マネジメントの仕組み構築、商品開発等に従事。浦島海苔では再生(民事再生)を手がけてきました。

その後は、明日香食品株式会社(食品製造販売:売上高125億円)取締役副社長 マーケティング・営業本部担当、小樽ふーどりーむず株式会社(冷凍食品製造:売上高165億円) CEO/最高経営責任者、日産大阪販売株式会社(売上高1,500億円) 取締役 営業支援本部長、韓国人参公社ジャパン(食品製造販売:売上高165億円) 代表取締役社長、遠達物流株式会社(物流:売上高2,100億円) CEO/最高経営責任者 兼 新規海外事業担当等、様々な業種・業態の企業の経営を歴任し、企業価値向上を実現してきました。

篠塚は組織マネジメントだけでなく、マーケティングや事業開発にも秀でており、数々の企業で売上/利益のトップライン向上を実現してきた国内有数のプロフェッショナル経営者です。

今後、篠塚は国内外の企業に対して、経営支援や新規事業開発、マーケティング戦略、新商品・サービス開発など、様々な関与形態、テーマで企業価値向上を支援してまいります。
篠塚 健一の詳細プロフィールはこちら

【メディア】ダイヤモンド・チェーンストアエイジ2018.3.15号に弊社代表取締役CEO山田政弘の寄稿が掲載されました

2018年03月15日

ダイヤモンド・リテイルメディア社が発行する小売業界向けの専門誌「ダイヤモンド・チェーンストアエイジ」2018.3.15号の特集「生鮮EC やっぱり実店舗がカギ」P69に弊社代表取締役CEO山田 政弘の寄稿が掲載されました。

本誌では、日本の小売企業における生鮮宅配事業に関して、現状及び今後の見通しを踏まえ、小売企業においてとるべき方針について提言という形で述べております。

ダイヤモンド・チェーンストアエイジ2018.3.15号紹介はこちら

【新規シニアアドバイザー就任】ワイン等をはじめとする酒類及び飲料関連企業で経営を担ってきた大谷 文孝が弊社シニアアドバイザーに就任いたしました

2018年02月01日

本日、弊社のシニアアドバイザーに大谷 文孝(おおたに ふみたか)が就任いたしました。

大谷は上智大学経済学部卒業後、メルシャン株式会社に入社し、横浜支社長、取締役ワイン事業部長、営業推進部長、営業担当常務、高級輸入ワインの専門販売会社の日本リカーの代表取締役社長(兼務)等、重職を歴任してきました。

その後、2009年にファイン・アライアンス株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。他にも神奈川県下を中心にドラッグストア「Fit Care DEPOT」を運営する株式会社カメガヤの社外取締役、酒類を扱う専門商社株式会社モトックスの顧問を務めるなど、現在も多くの企業の経営に携わっております。

日本の第3次ワインブームの創出、チリワインブームの基礎をつくるなど、数多くの実績を誇ると共に、酒類及び飲料のマーケティング、販売に精通し、海外のワイナリー、アルコール飲料ブランドとのネットワーク、販路を有するなど、グローバルに豊富な知見、経験を持っております。

今後、大谷は弊社経営支援先企業に対する経営面でのアドバイス、助言や新ブランド/新商品開発、マーケティング・販売支援(販路開拓)、グローバルアライアンス(海外企業との提携)、M&A等、支援先企業の企業価値向上に向けたアドバイス、助言などを手がけてまいります。

大谷 文孝の詳細プロフィールはこちら

【新規シニアアドバイザー就任】板金加工機械メーカーやエンジニアリング企業で経営を担ってきた垣内 鎮夫が弊社シニアアドバイザーに就任いたしました

2017年12月01日

本日、弊社のシニアアドバイザーに垣内 鎮夫(かきうち しずお)が就任いたしました。

垣内は慶應義塾大学経済学部卒業後、川鉄商事、三正製作所(当時東証2部)販売担当取締役を経て板金加工機械メーカーのアマダにて、工作機械販売部門長、海外事業部担当部門長(北米・欧州)、取締役を歴任。

その後、2014年にオーストリアのエンジニアリング企業アンガー・マシニングの日本法人(アンガー・マシニング・ジャパン)を設立し、代表取締役社長に就任し、自動車メーカーや自動車部品メーカー等の製造改革を支援してきました。
約30年強に渡り在籍したアマダでは、北米市場で市場占有率Top3を実現、欧州市場ではグループ子会社体制の再編、各社のマネジメント強化やコスト削減を実施するなど、経営改革、業績改善において豊富な実績を誇っております。

今後、垣内は弊社経営支援先企業に対する経営面でのアドバイス、助言やグローバルでの新規技術導入、生産・加工技術開発、製造改革、グローバルアライアンス(海外企業との提携)、M&A等、支援先企業の企業価値向上に向けたアドバイス、助言などを手がけてまいります。

垣内 鎮夫の詳細プロフィールはこちら

【マネジメント派遣(経営受託)サービス】ジェミニが介護AIベンチャーのケアラボに代表取締役社長、アドバイザーを派遣し、成長実現に向けて経営を開始

2017年11月01日

2017年10月1日東京発—-経営コンサルティングファームのジェミニ ストラテジー グループ株式会社(以下、ジェミニ)は、介護AIスタートアップ企業のケアラボ株式会社に代表取締役社長、アドバイザーを派遣(マネジメント派遣)し、ビジネスモデル策定から事業戦略策定、資金調達、組織・オペレーション構築など、経営を全面的に担い、介護業界において新たな価値を創造するとともに、社会的に意義のある新規事業の立ち上げ、成長加速化を実現、推進していくことになりました。

【新規ディレクター就任】世界初、日本初の技術開発実績を多く有し、製造のコスト削減やリードタイム短縮、新規技術開発、イノベーション創出において圧倒的な実績、知見を誇る田中 龍が弊社ディレクターに就任いたしました

2017年10月01日

本日、弊社のディレクターに田中 龍(たなか りゅう)が就任いたしました。

田中は大学卒業後、精密電子部品製造業の日本航空電子工業にて約10年超に渡り技術開発や生産技術、加工技術・加工機の開発などを手がけた後、金型製造コンサルティングの株式会社インクスにて、マネージャーとして生産技術・加工技術改革により製造リードタイムを1/3にするなど数多くの技術革新、財務成果を創出しました。その後、電子部品製造業の日本端子では子会社工場責任者として工場のマネジメントを手がけました。工作機械製造販売のアマダマシンツールでは新商品企画部部長を担い、オーストリアの工作機械製造販売、生産・技術コンサルティングのアンガー・マシニング・ジャパンでは、グローバル・セールスエンジニアリング・マネージャーとして、数多くの企業の生産・製造コンサルティングを手がけると共に、工作機械を導入するなどトヨタ系、ホンダ、Tier1企業から30を超える案件の獲得に成功しました。

田中は、過去の取組みの中で、日本初の創生放電加工技術開発、世界初の2.54mmピッチ~0.15mmピッチまでの1000SPMを超える高速金型、生産技術の確立、コネクタ業界初の3D化に移行するための新設計技術の開発など、数多くの世界初、日本初、業界初の技術開発実績をあげており、製造業において特筆すべき知見、技術を有しております。

今後、田中は国内外の企業に対して、生産・製造技術の改革、改善や技術開発、イノベーション創出を手がけ、コスト削減から新規売上・利益創出まで、様々な形で企業価値向上を支援してまいります。

田中 龍の詳細プロフィールはこちら

【新規パートナー就任】外資系大手戦略コンサルティングファーム、国内独立系コンサルティングファームマネージングディレクターを歴任し、メディカル、医療機器における業界知見、企業経営、戦略立案、新規事業開発・プロデュースにおいて豊富な実績、知見を誇る小林 創が弊社パートナーに就任いたしました

2017年10月01日

本日、弊社のパートナーに小林 創(こばやし はじめ)が就任いたしました。

小林は大学卒業後、鹿島建設にて、耐震・制震・免震技術の研究開発及び新規事業開発に従事した後、米国系大手戦略コンサルティングファームのボストンコンサルティンググループにて、プロジェクトリーダーとして、国内及び欧米の大手消費財・産業財関連企業・ヘルスケア企業に対し、成長・新規事業戦略策定、買収後統合、業務改革、長期ビジョン策定等のプロジェクトマネジメントを担当。その後、GE横河メディカルシステム(現GEヘルスケア・ジャパン)にて、事業ターンアラウンド、ならびに経営効率改善、サプライチェーン等の全社プロジェクト責任者を務め、米国系大手戦略コンサルティングファームのブーズ・アンド・カンパニー(現PwCストラテジー&)では、グローバルプラクティスのコア・メンバーとして、医薬品・医療機器関連企業へのマーケティング及びプロジェクトマネジメントや投資ファンドに対するビジネスデューデリジェンスなど数多くのビジネス、プロジェクトをリードしてきました。弊社入社以前は、大手国内独立系経営コンサルティング会社のフロンティアマネジメントにて、マネージング・ディレクターとして幅広い業種・業界の企業に対する全社戦略策定、新規事業開発、M&Aなど数多くの企業価値創出支援を手がけてまいりました。

小林は約15年超に渡るコンサルティング経験を持ち、国内外の企業の経営や企業価値向上を支援してきた企業経営・戦略のエキスパートです。

今後、小林は国内外の企業に対する経営支援や戦略策定、新規事業開発・プロデュース、クロスボーダーのM&A支援など、企業の価値向上に直結する各種支援を手がけてまいります。

小林 創の詳細プロフィールはこちら

【社名変更】社名をジェミニ ストラテジー グループ(Gemini Strategy Group)に変更いたします

2017年10月01日

本日、弊社社名をジェミニ ストラテジー グループ株式会社(Gemini Strategy Group Inc.に変更いたしました。(旧社名:ストラテジクスパートナーズ株式会社)

ジェミニは双子座を表す言葉ですが、投資家、企業経営者、企業従事者にとって双子のように、同じ考えを共有し、一緒に企業経営に携わり、共に成長する存在、という意味を込めています。
また、過去にはアメリカ合衆国アメリカ航空宇宙局の二度目の有人宇宙飛行計画としてその名が用いられており(ジェミニ計画)、企業にとっての新しい未開の地(新規市場、事業)を開拓するという意味も込めています。

引き続き、「戦略と経営により企業価値向上を実現する」というミッションは継続し、プロ経営者、戦略コンサルタント、実務エキスパートの3分野において世界、日本でトップクラスの知見、実績を誇る人材、チームによる経営者/経営チーム派遣、ハンズオン型常駐支援、戦略立案支援、新規事業開発、イノベーション創出など、企業の価値向上を実現、促進する役割、ポジションにおいて圧倒的なパフォーマンス、プレゼンスを発揮してまいります。

なお、今回の社名変更において、株主の変更等資本の異動や、経営者の異動など、組織・人事に関する変更は一切ございません。

【新規シニアアドバイザー就任】本田技研工業株式会社にて常務取締役を務め、自動車、精密機器業界/企業を中心に、設計/開発/モデリングの領域におけるマネジメント、実務において豊富な経験と幅広い見識、知見を有する永田 栄が弊社シニアアドバイザーに就任いたしました

2017年01月04日

本日、弊社のシニアアドバイザーに永田 栄(ながた さかえ)が就任いたしました。

永田は本田技研工業株式会社に入社した後、レジェンド、NSX設計室マネジャー、全社コスト改革責任者等を経て、本田技術研究所常務として、世界に先駆けて3D CAD/CAE/CAMシステムを用いた設計・開発プロセス/システム構築を実現。その後、本田技研工業の常務取締役として設計・開発部門の統括/マネジメントを手がけておりました。

2000年、本田技研工業を退職し、金型、成形品(試作/量産)の開発支援および製作、製品モデリング、流動解析、スキャニング測定等のデータ作成・解析等を手がける株式会社インクス(現ソライズ)常務取締役に就任し、大手精密機器メーカーのカメラ設計、コピー機・プリンター設計プロセスの3次元化、高速化のコンサルティングなどに従事。並行してインクスエンジニアリング(現ソライズエンジニアリング)代表取締役社長も務めております。

2007年、日本、ネパール、タイで株式会社E&Tを創業(起業)。設計開発のコンサルティング、設計やモデリングのアウトソーシング、解析ソフトウェア開発などを手掛けるなど、自動車、精密機器業界/企業を中心に、設計/開発/モデリングの領域におけるマネジメント、実務において豊富な経験と幅広い見識、知見を有しております。

今後、永田は弊社支援先の国内、海外の自動車、製造業企業に対する研究・開発、設計のリードタイム短縮や調達/製造コスト削減、新規事業/サービス開発などイノベーション実現にかかる助言、アドバイス等、企業価値向上支援を手がけてまいります。