News

現在地
  1. TOP
  2. News
  3. 【新規シニアアドバイザー就任】板金加工機械メーカーやエンジニアリング企業で経営を担ってきた垣内 鎮夫が弊社シニアアドバイザーに就任いたしました

【新規シニアアドバイザー就任】板金加工機械メーカーやエンジニアリング企業で経営を担ってきた垣内 鎮夫が弊社シニアアドバイザーに就任いたしました

2017年12月01日

本日、弊社のシニアアドバイザーに垣内 鎮夫(かきうち しずお)が就任いたしました。

垣内は慶應義塾大学経済学部卒業後、川鉄商事、三正製作所(当時東証2部)販売担当取締役を経て板金加工機械メーカーのアマダにて、工作機械販売部門長、海外事業部担当部門長(北米・欧州)、取締役を歴任。

その後、2014年にオーストリアのエンジニアリング企業アンガー・マシニングの日本法人(アンガー・マシニング・ジャパン)を設立し、代表取締役社長に就任し、自動車メーカーや自動車部品メーカー等の製造改革を支援してきました。
約30年強に渡り在籍したアマダでは、北米市場で市場占有率Top3を実現、欧州市場ではグループ子会社体制の再編、各社のマネジメント強化やコスト削減を実施するなど、経営改革、業績改善において豊富な実績を誇っております。

今後、垣内は弊社経営支援先企業に対する経営面でのアドバイス、助言やグローバルでの新規技術導入、生産・加工技術開発、製造改革、グローバルアライアンス(海外企業との提携)、M&A等、支援先企業の企業価値向上に向けたアドバイス、助言などを手がけてまいります。

垣内 鎮夫の詳細プロフィールはこちら