News

現在地
  1. TOP
  2. News
  3. 【新規パートナー就任】外資系大手戦略コンサルティングファーム、国内独立系コンサルティングファームマネージングディレクターを歴任し、メディカル、医療機器における業界知見、企業経営、戦略立案、新規事業開発・プロデュースにおいて豊富な実績、知見を誇る小林 創が弊社パートナーに就任いたしました

【新規パートナー就任】外資系大手戦略コンサルティングファーム、国内独立系コンサルティングファームマネージングディレクターを歴任し、メディカル、医療機器における業界知見、企業経営、戦略立案、新規事業開発・プロデュースにおいて豊富な実績、知見を誇る小林 創が弊社パートナーに就任いたしました

2017年10月01日

本日、弊社のパートナーに小林 創(こばやし はじめ)が就任いたしました。

小林は大学卒業後、鹿島建設にて、耐震・制震・免震技術の研究開発及び新規事業開発に従事した後、米国系大手戦略コンサルティングファームのボストンコンサルティンググループにて、プロジェクトリーダーとして、国内及び欧米の大手消費財・産業財関連企業・ヘルスケア企業に対し、成長・新規事業戦略策定、買収後統合、業務改革、長期ビジョン策定等のプロジェクトマネジメントを担当。その後、GE横河メディカルシステム(現GEヘルスケア・ジャパン)にて、事業ターンアラウンド、ならびに経営効率改善、サプライチェーン等の全社プロジェクト責任者を務め、米国系大手戦略コンサルティングファームのブーズ・アンド・カンパニー(現PwCストラテジー&)では、グローバルプラクティスのコア・メンバーとして、医薬品・医療機器関連企業へのマーケティング及びプロジェクトマネジメントや投資ファンドに対するビジネスデューデリジェンスなど数多くのビジネス、プロジェクトをリードしてきました。弊社入社以前は、大手国内独立系経営コンサルティング会社のフロンティアマネジメントにて、マネージング・ディレクターとして幅広い業種・業界の企業に対する全社戦略策定、新規事業開発、M&Aなど数多くの企業価値創出支援を手がけてまいりました。

小林は約15年超に渡るコンサルティング経験を持ち、国内外の企業の経営や企業価値向上を支援してきた企業経営・戦略のエキスパートです。

今後、小林は国内外の企業に対する経営支援や戦略策定、新規事業開発・プロデュース、クロスボーダーのM&A支援など、企業の価値向上に直結する各種支援を手がけてまいります。

小林 創の詳細プロフィールはこちら